2016年2月28日日曜日

H28年2月20日~四柱推命から見た 2016年の開運法

講演をされる大越六然先生


昨年に引き続き大越六然先生のお話を伺いました。
簡単に内容を紹介します。

今年は丙申の年です。
丙は、明らかになる、あからさまになるという意味、申は発展する、活発になるという意味です。今年は迷わずに行動する時。迷いがあれば早く整理して行動に移す!

開運法は、時を知って、自分をよく知り行動すること。
またリーダーの判断がとても大事です。
特に今年判断を間違うと大変なことになるので、あらゆる状況でリーダーは心して決断する必要があります。

自分を知るためには、四柱推命はとても役に立ちます。
例えとして今、話題の有名人の鑑定をたくさん紹介しながら、見た目と本来の性格がいかに違うかということを教えてくださいました。

大越先生は四柱推命を通して人と比較しないことが大事だと実感するそうです。
みな違うからです。
比較するとは同じ条件の中でしか意味がありません。
しかし人は誰一人同じ条件の人はいません。

ポイントは自分を大事にして自分らしく生きること。
そうすれば相手に対しても相手らしくしていいと思えるようになります。
また趣味をやる ことが、自分を自分らしくすることになるので、趣味を見つけることをおすすめします。
本来仕事は趣味が嵩じて仕事になるというのが理想です。
それが天職ということです。

心を磨くものが道と言われるものです。
柔道、剣道、茶道、華道などです。
それを通じて人格が円満になり、人生の達人になれます。そのような人が人に対しても優しくできるのです。

一時間あまり貴重なお話をお聞きしたあと、3人プチ鑑定をしてくださり、受けた方たちは、自分のことが改めてよくわかり、自分らしく生きることができそうだと喜ばれていました。

その間、参加者で趣味の話や感想を話して、充実した時間となりました。
今回参加してくださった中には、昨年参加されてとても良かったからというリピーターも多く、また来年も来たいと好評でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿