2017年2月18日土曜日

四柱推命からみた2017年の開運法~2月18日の報告

 2月18日(土)2時より、国際善隣協会(港区新橋)にて”四柱推命からみた2017年の開運法”の講演会を行いました。大越六然先生(運勢鑑定士)による今年の運勢をお話いただきました。丁酉である今年は革命の年であるそうです。丙申の昨年はこれまでの定例とされてきたものが暴露されて大きな問題になりました。今年は新しいものが次々とでてきて対立もおこり、それを冷静に見極めていくことが大事ということです。
 特に陰のときに落ち込む必要なく、健康に配慮し、ゆっくり実力をつけ陽の時がくるまでしっかり準備することで運勢があがっていくそうです。自分らしく生きることの大切さも語っておられました。
 その後、プチ鑑定をしている間、茶話会でそれぞれ感想などをそれぞれ語り交流会となりました。中国の方、日本の方とそれぞれ語り会いながら、またプチ鑑定をされた方がその感想を述べたりとよき交流の場となりました。
 来年も参加したいとの声や、もっと具体的なことが聞きたかったなどの声もありました。来年もこれを踏まえて講演会を充実していきたいと思います。亜社の
【参加者のアンケートから】
・昨年は今年の運勢ということでわかりやすかったが、今年は具体的にはどうなのもう少し掘り下げて話していただきたかった。対策にもなるので
・四柱推命の基本的なことを確認できてよかったです。人生の波にどのような心構えをすればよいかなど。今年は大変な年になりそうですが、よおく見極めていきたいと思いますし、自分らしく生きるということについて真剣にむきあいたいと思います。
・四柱推命のすごさを知ってよかったです。
今年、来年どんな年か心構えができて困難や混乱があっても自分らしくがんばろうと思いました。
・遅れて着きましたが皆さんとたくさんお話ができてとても楽しかったです。ありがとうございました。
・同じ出身の方に出会っていてよかったなと思っています。
・役にたった。ありがとうございます。
・四柱推命についてわかりやすくおもしろかったです。
・運勢が下がったときに、いかに勉強努力して準備していくかが大切だということがわかりました。不安が解消されやる気がでました。ありがとうございました。


 




0 件のコメント:

コメントを投稿